メニュー

江戸時代嘉永3年(1850年)に造られた蔵をリノベーションしたカフェ。庭は荒れ果て入ることもできないほどあれていた蔵の中以外の外観をすべて弊社が担当。もともと埋まっていた石材などを利用し京都の路地のようなイメージで石畳を作成。そこを抜けると広々とした空間が広がる。しっとりとした薄暗い路地を抜ける目線の先にエバースクリーンと地元笠間焼を使用した湧き水タイプの噴水を設置。路地を歩く人に期待感と高揚感を与える。また夜の営業も考え多数の和風ライトを設置。温かみのある空間となった。

江戸時代に造られた蔵をリノベーション。温かみのある空間に

江戸時代嘉永3年(1850年)に造られた蔵をリノベーションしたカフェ。庭は荒れ果て入ることもできないほどあれていた蔵の中以外の外観をすべて弊社が担当。もともと埋まっていた石材などを利用し京都の路地のようなイメージで石畳を作成。そこを抜けると広々とした空間が広がる。しっとりとした薄暗い路地を抜ける目線の先にエバースクリーンと地元笠間焼を使用した湧き水タイプの噴水を設置。路地を歩く人に期待感と高揚感を与える。また夜の営業も考え多数の和風ライトを設置。温かみのある空間となった。

【使用商品】

エバースクリーン ポリカAタイプ