メニュー

重厚感のある塀に対し、線の細い格子材で水平ラインを強調しました。幾何学的な形状で計画することにより、軽くなりすぎないように計画しました。テラス前の手摺りは視線が抜けやすいようにフラットバーのみでとし、柱部分を2本にすることにより貧弱になりすぎないように計画しました。

重厚感のある塀に格子材で水平ラインを強調

重厚感のある塀に対し、線の細い格子材で水平ラインを強調しました。幾何学的な形状で計画することにより、軽くなりすぎないように計画しました。テラス前の手摺りは視線が抜けやすいようにフラットバーのみでとし、柱部分を2本にすることにより貧弱になりすぎないように計画しました。

【使用商品】

エバーアートウッド部材(ラスティダーク)