メニュー
京町家シリーズは、美しいデザインと凹凸のある繊細な手触りが魅力
数種類のパネルを組み合わせて落ち着いた和風の印象に
目かくしにボードで覆いかくす
ボードで視線を遮ります
扉付きで機器の交換やメンテナンスが容易に
民芸のような温かさ
外からは設備機器を隠しつつ、中からは植栽の背景に
存在感のある焼面格子の目かくしが和のアクセントに
同じく、白い袖壁のアクセントに「なぐり加工」を凹凸付きで再現
白い塗り壁のアクセントとして、下見塀ボードを使用。泥はねによる汚れ対策にもなる
2色使いの網代編みで、レトロモダンの風情
風通しのために足元を大きく開け、竹の中桟を2本通すことでバランスよく
浴室前の竹のデッキを大津垣で囲って
雑木林のような庭の背景にさりげなく
フェンス3枚を斜めに施工した美しいファサード
こだわりエコ竹を使用したハイグレードタイプ
みす垣は、スタイルにとらわれない創作的な作庭でも選ばれる
狭小スペースの庭ながら、現代的な和の演出と目かくしの両方を実現
デッキの上に並ぶバリ風のライトやディスプレイを、黒竹が引き立てる
隣地境界と坪庭の背景を兼ねて。上部にすき間を作ることで、圧迫感をおさえられる